一人暮らしの部屋探しをしている人必見!こんな物件を探してみよう

駅近物件は魅力だけど治安を確認する

一人暮らしをする時に、候補に上がる物件として駅近物件があります。駅が近いと通勤、通学がグッと楽になりますので人気がどうしても上がります。ところが駅が近いと治安が悪い可能性があるので、特に女性の一人暮らしは注意が必要です。

治安を見極めるのに一番簡単な方法は不動産屋さんに聞く方法です。治安がいい場所がいいと最初に言っておけば、地元の事をよく知っている不動産屋さんは治安がいい場所を探してくれるでしょう。もし、不動産屋さんが信用できないのであれば駅の周りにたばこの吸い殻やごみが落ちていないか、落書きなどがないかを見ると治安の良し悪しがわかります。また、近くにコンビニがあるのであればトイレを借りるとその場所の治安がわかる言われています。「トイレの使用はご遠慮ください」と書いてあるコンビニ近くは治安が悪く「ご自由にお使いください」と書いてあれば治安がいいと言われています。交番が駅前にあるというのも候補に入れるといいでしょう。

駅が近くて家賃も安い物件とは

駅近で治安の次に問題になるのが家賃です。駅前の物件は賃料が高いというデメリットがあります。そんなデメリットを解消するためには、まず大きな駅の近くを選ばないことです。大きな駅、特急や急行が止まる駅前は賃料が上がります。しかし、一駅隣の普通しか止まらない駅になると途端に家賃が安くなることが多いのです。それも築年数が浅いなどの綺麗な物件で安い物件が増えてきます。

駅徒歩1分などの物件は高いかもしれませんが、徒歩5分以内など少し歩くだけでグッと賃料は下がります。ちょっとしたことですが、以上の事を念頭に置いて物件を探すと掘り出し物に出会える可能性が増えると思います。

千歳の賃貸は、空港の飛行機の騒音を防ぐために防音設備がついていたり、雪を溶かす設備があったりします。