ここがポイント!予算内で理想の家を造るには?

使う材料や施工法を業者としっかり相談しよう

憧れの家を設計して見積りしたものの、予算オーバーしてしまったという話はよくあります。予算内で素敵な家にするための方法として、使う材料や工事方法に工夫することが大切です。

ドアに使う木材の種類を変更するだけで、少し節約できることもあるでしょう。また内壁を漆喰にしたい際も、まるで漆喰に見えるような塗装方法を取り入れることで安く済みます。

安くて長持ちしない物を使うのではなく、安くてもできるだけ良い物を選ぶことがポイントです。何より面倒臭がらずにそうした相談に乗ってくれる業者を選びたいものですね。

後付けできる部分はお金に余裕があるときに回す

家を建てる際には、骨組みとなる部分をしっかりと作っておけば後からリフォームできる部分もあります。例えば庭にレンガの塀を作ったり、出窓を付けたりするのは、またお金に余裕ができたときでも良いはずです。

初めからすべて希望通りの家にするとなると、やはりお金がかかります。予算オーバーするのであれば、後付けでも良い部分は初めは我慢したいものです。

妥協できる部分とこだわる部分をはっきりさせよう

家造りにおいては、ここだけはこだわりたいという箇所があるはずです。できればその部分に関しては、節約はしないほうが後悔しません。「これはどっちでも良い」という部分の工事を取りやめていくことで、だいぶ見積り額も変わってくるはずです。

とにかく絶対にキッチンは対面にしたいというのであれば、そこは妥協せずに貫きましょう。庭はなくても良いのなら、その部分で節約できます。

妥協できる部分とこだわりたい部分を定かにすることが、予算内で家を建てるためには必要です。

国内で建てられている注文住宅の建築費用の平均は3300万円ほどです。3000万の家というのは、平均的な広さとグレードの家が建てられると言えます。