居酒屋経営を始めよう!雰囲気を作るにはデザインを重視

デザインで差異化が目指される居酒屋

居酒屋経営を始める上で重要になるのが店舗デザインです。都心部を中心として多くの居酒屋チェーンが競い合うようにして店舗展開を行っていますが、その基本的な競争のポイントとなっているのがコンセプトです。独自のコンセプトに従って特徴的なデザインをすることで他の居酒屋との差異化を達成して顧客を獲得するのに成功している事例が多くなっています。競争の激しい地域ほどデザインの良し悪しで経営を継続できるかどうかが左右されているのが現状であり、いかにして秀逸なデザインに仕上げるかを考えるのは居酒屋を始める上では必須です。ただ置いているお酒の種類や料理の内容だけで勝負をするのではなく、顧客にとって魅力的な店舗に仕上げることが重要になっています。

自分なりのコンセプトを考えよう

基本的には他の居酒屋との差異化を図る必要があるため、自分なりのコンセプトをまず考えるのが店舗デザインをする上では必須です。周辺の店舗情報を調べてしまうと、その魅力に駆られて似たようなコンセプトの居酒屋になってしまいかねません。まずは自分自身で考え、もし競合店があった場合にはどこで違いを作るかを考えましょう。デザインは最も差を作りやすい部分であり、斬新な発想力があれば見た目で顧客を魅了することも可能です。あまりデザインに自信がないという人はデザイナーに相談して作り上げることもできるでしょう。基本となるコンセプトがしっかりとしていれば秀逸なデザインを作り上げられます。

店舗デザインは、来店客からのイメージを大きく左右して集客効果にも影響を与えます。そのため、どのようなコンセプトの店舗を目指すのかを明確にしておくことが重要です。